家庭教師は喜びと楽しさを知ることが出来る - 家庭教師は喜びと楽しさを知ることが出来る

家庭教師は喜びと楽しさを知ることが出来る

家庭教師は、とても大変な職業です。 「教える」という行為をする以上、自分がその内容を理解していなければいけないのは当然なことに加えて、 「もし教えている生徒の成績が伸びなかったら…」「生徒は私のことを本当に『先生』だと思ってくれているだろうか…」 と、普通に生きている上では、<教師>以外が感じることのないプレッシャー、悩みを知ることになります。 しかし、それ以上に喜びを知ることが出来る、また喜びを共有することが出来る仕事なのです。 自分が解き方を教えた問題をこどもが解けた時のこどもの嬉しそうな表情や、 自分と生徒が打ち解けた後の楽しい会話など、 感じる悩みの2倍も3倍も喜び、楽しさを感じることが出来るのです。

 

最高の「喜び」と言えるのが、『生徒が受験(中学・高校・大学と受ける学校の種類に関わらず)に合格したとき』でしょう。 2人で積み上げた努力の結晶が花開くときが、1番の喜びや「良かった…」という安堵感、そして幸せを感じることが出来ます。 家庭教師の中には教員免許を取得したい人もいるでしょうが、そうではない人もいるでしょう。 後者のような人が「教師・先生」の思いを感じることが出来るのが、「家庭教師」の特別な職業性を表していると言えます。